strongタグの使いすぎに注意!赤文字やmarkタグと使い分けよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数日前にTwitterで、相互フォローの方が、strongタグの使いすぎによるペナルティについて呟いていました。

僕もまさにstrongタグを使いすぎており、1000文字の記事だと、軽く20個は使っていました。

使いすぎるとGoogleからスパム認定のようなものを受け、順位が下がったり、表示されなくなるなどのペナルティを受けるそうです。

これはやばいと思い、Search Regexというプラグインを使って、全記事のstrongタグを削除しました。

タグによるSEO効果は微々たるものだという説と、タグが原因で上位表示できなくなることもあるという説、どちらが正しいのかはわかりませんが、危険なことはできるだけしないほうがいいと思いました。

この記事では、strongタグの使い方と、strongタグ以外の文字装飾タグの、種類と使い方を書いていきます。

strongタグの使い方

strongタグは1記事に3つ程度が理想的らしい

調べたところ、strongタグは1記事に3つ程度が理想的らしいです。

1記事と言っても、500文字から2000文字以上まで、色々あると思いますが、そこはやはりユーザーが読みやすいかどうかを考えて臨機応変、ということなのでしょうか。

とは言え、僕のように1000~2000文字の記事で、10個も20個も使うのは明らかに多すぎると思います。

strongタグは文章じゃなくキーワードに使う

修正する前の僕のブログの記事を見ていた方ならわかると思いますが、僕はstrongタグをキーワードだけじゃなく、文章にまで使いまくっていました。

これも使い方としてはよくないらしく、strongタグはキーワード(名詞)に使うのがいいようです。

その記事で狙ったキーワードにstrongタグをつけることで、僅かかもしれませんが、SEO効果があるということじゃないでしょうか。

strongタグは最悪使わなくてもいい?

他の人はどのようにstrongタグを使って、記事を書いているのだろう、と思い、いろいろな人の記事を見て回ったのですが、strongタグを全く使っていない人も結構いました。

僕のように10個も20個も使って、ペナルティを受ける可能性を考えると、全く使わないほうが、まだいいのかもしれません。

しかし、strongタグを使わないことでSEO的には問題ないとしても、記事の見た目にメリハリがなくなり、来た人の読む気が失せ、滞在時間が短くなる、というのであれば、問題かもしれません。

なので、strongタグ以外の文字装飾も使っていく必要がありそうです。

下記にいくつか挙げてみました。

strongタグ以外の文字装飾 その1 bタグ

マジック

bタグはstrongタグと同じで、文字が太字になります。

タグが違うだけで見た目は同じなのですが、意味や、SEO効果に若干の違いがあるとの情報がありました。

strongタグは、その文字の見た目と意味を強調するもので、bタグは、その文字の意味ではなく見た目だけを強調する、というものらしいです。

自分としては、見た目を強調するということは、少しは意味を強調しているんじゃないか?

という疑問が出てきて、はっきり使い分けられる自信がありません。

そして、両者のSEO効果ですが、Googleはstrongタグとbタグを明確に区別はしておらず、どちらでも好きな方を使えばいい、とのことだそうです。

strongタグもbタグも、使いすぎないように、二つの合計で1記事3つ程度がいいということなのでしょうか。

当然どちらも、10個も20個も使うとまずいと思います。

ちなみに、bタグはHTML的に古い表現らしいので、どうせ使うならstrongタグにしたほうがいいかと思います。

strongタグ以外の文字装飾 その2 <span class=”bold”>

strongタグとbタグは合わせて3つまで、しかもbタグは非推奨、となると、どうやってSEOに対する影響無しで文字を太字にするのかというと、<span class=”bold”>というのがおすすめです。

スタイルシートに

.bold{
font-weight:bold;
}

と記述し、太くしたい文字を、<span class=”bold”></span>

で囲めば、太字にできます。

上記の赤文字と同じく、spanタグなのでSEOには関係なく、乱用しても特に問題はないようです。

strongタグ以外の文字装飾 その3 赤文字

赤

よくある文字装飾ですが、赤文字です。

<span style=”color:#FF0000;”></span>

で文字を囲えば、囲んだ文字が赤くなります。

spanタグなので、SEOに対する効果はないと思われます。

あくまで文字の見た目を装飾しているだけなので、Googleにその文字が記事の中で重要な意味を持つ、というような認識はされないはずです。

使いすぎると単純に見づらくなるので、これもユーザー目線を考えて、ちょうどいい頻度で使うのが良いと思います。

strongタグ以外の文字装飾 その4 markタグ(黄色背景)

蛍光ペン

markタグで文字を囲めば、その文字の背景が黄色になります。

自分は今まで、文字の背景を黄色にする時は

<span style=”background-color: #ffff00″></span>

で文字を囲っていたのですが、markタグで簡単にできることがわかりました。

markタグは多くのブラウザでサポートされており、多くのWordPressテンプレートで使えると思いますが、万が一使えない場合は、上記のspanタグでも問題ないと思います。

ちなみにmarkタグも、あくまで文字を装飾するだけなので、SEOに対する効果はないようです。

赤文字、黄色背景+太字

タグを組み合わせれば、赤文字、黄色背景+太字にすることも可能ですが、ただでさえ赤文字や黄色背景で強調されているのに、文字まで太くなると、くどい印象になる気がするので、自分はしないようにしています。

strongタグ、span class=”bold”、赤文字、黄色背景の使い分け

strongタグ、赤文字、黄色背景、の4つの使い分けを、自分なりに考えました。

strongタグは、上にも書いたように、その記事で狙っているキーワードに使う、使う数は、記事中で3~5に留める。

<span class=”bold”>は、上にも書いたように、狙ってはいないが強調したいキーワードに使ったり、strongタグをこれ以上使えない時に使う。

赤文字は、注意喚起したいこと、に使う。

黄色背景は、特に覚えていてほしいこと、特に伝えたいこと、に使う。

という感じです。

4つとも、特に伝えたいことに使う、と言うのは共通だと思いますが、自分なりに使い分けのルールを決めておくと、記事を書き終わったあとの、装飾を付ける作業が楽になると思います。

さいごに

これ以外にも、文字サイズや、斜体など、様々な文字装飾はあると思いますが、あまり多すぎてもどう使い分けが難しいだけなので、自分は上記の4つを使っていこうと思います。

それにしても、ちょっと前までの自分のstrongタグ乱用っぷりはすごかったです。

伝えたいという気持ちが強すぎるのか、3行に1行は太字になっているくらいの勢いでした。

これからは上記の4つを、SEOに問題ないように、ユーザーにわかりやすい程度に、使い分けていこうと思います。

strongタグの使いすぎが問題だということも、Twitterをやっていなかったら、ずっと知らないままだったと思います。

前回のお名前.comの更新料金のときもそうですが、教えてくださる方には感謝の気持ちでいっぱいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加