ごちゃ混ぜ型トレンドブログと特化型トレンドブログの定義の違い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トレンドアフィリエイトを実践するにあたって「ごちゃ混ぜ型ブログ」と「特化型トレンドブログ」というブログの分け方を頻繁に見かけます。

でも実践しているうちに、両者が具体的にどう違うのか、どういう内容なのか、定義がよくわからなくなってきました。

下克上のフォーラムでも「どこまでがごちゃ混ぜで、どこからが特化なのか」という質問をしている人がいました。

本当にアフィリエイト界隈は独自の「語彙」が多く、なおかつ一つ一つの定義が人によって違うことが多く、混乱します。

自分なりに考えた結果、結論が出たので、頭を整理するために書いておきます。

今更ですが、スラッグの英語は適当です。

ごちゃ混ぜ型トレンドブログとは

「ごちゃ混ぜ型トレンドブログ」ですが、「トレンド」という言葉がつくので、「ごちゃ混ぜ型ブログ」ではありません。

まず言えるのは、トレンドネタだけを扱ったブログであるということだと思います。

ただの「ごちゃ混ぜ型ブログ」なら、トレンドネタもそうでないネタも扱う、という定義なのではないでしょうか。

さらに、どういったジャンルのネタを扱うかですが、ここの部分の定義が人によって曖昧なようです。

例えば芸能人だけ扱うならそれは「特化型トレンドブログ」だという人もいましたし、特定の一人の芸能人、もしくは特定のアイドルグループに所属する芸能人だけ扱っているわけではなく、トレンドになった芸能人を雑多に書いているならそれは「ごちゃ混ぜ型」だと言う人もいました。

個人的な考えですが、トレンドな芸能人だけを扱ったブログは「ジャンル型トレンドブログ(芸能系)」と名付けたいです。

トレンドじゃない芸能人だけを扱ったブログ(そんなブログは少ないと思いますが)は、「ジャンル型ブログ」でいいんじゃないでしょうか。

カッコの中は芸能以外にも、知識系、イベント系、悩み系など色々できると思います。

なので、トレンドなネタであれば芸能人でも季節ネタでもイベントでもなんでも扱う、というブログが「ごちゃ混ぜ型トレンドブログ」ということになります。

さらにそこに、トレンドじゃないネタや、自分の個人的な日記まで書く場合は、「ごちゃ混ぜ型ブログ」でいいんじゃないでしょうか。

特化型トレンドブログとは

「特化型トレンドブログ」と言った場合には2種類あるような感じがします。

教材や指南サイトによると、「3ヶ月後くらいに公開予定の(アクセスが集まるであろう)映画やアニメに特化したブログ」のことを「特化型トレンドブログ」というようで、「特定の一人の芸能人や特定のアイドルグループに所属している芸能人」を扱ったブログも「特化型トレンドブログ」と呼ぶようです。

どちらもトレンドであることには違いありませんが、前者はその映画のブームが終わったらアクセスが減り、更新もできなくなります。

後者はその芸能人やアイドルグループが活動を続けている限り更新はできますが、人気がなくなった場合トレンドではなくなります。

どちらも特定の作品や人物しか扱わないので特化型といえば特化型ですが、少し性質が違うので、一纏めに「特化型トレンドブログ」と呼ぶのは抵抗があります。

なので、自分は前者を「作品特化型トレンドブログ」、後者を「人物特化型トレンドブログ」と呼ぼうかと思っています。

余談ですが、自分は前者を実践して挫折しました。

映画公開前に記事を何十記事も貯めておく必要があり、すぐにはアクセスが集まりません。

特化型トレンドブログに失敗しました 感想など
とある方の特化型トレンドブログ1ヶ月無料コンサルを受けていて、先月の暮れから、特化型トレンドブログに取り掛かっていました。 7月上旬公開の映画を取り扱った特化型トレンドブログだったのですが、6月中に全然作業ができなかった(完全に怠けです)のと、公開までの期間が短かったのもあって、そ...

後者はやったことがありませんが、すでに人気のグループを扱うのが普通だと思うので、前者よりはすぐにアクセスが集まると思いますし、人気がある限りは更新も続けられると思います。

ジャンル型トレンドブログとは

ごちゃ混ぜ型トレンドブログの件で、「ジャンル型トレンドブログ」という呼び方について書きました。

この呼び方を使っている人は見たことがありませんが、「ごちゃ混ぜ型」と「特化型」の中間として「ジャンル型」という呼び方は便利だと思います。

例えば自分は、芸能人だけを扱っているトレンドブログを「ジャンル型トレンドブログ」と呼んでいると書きました。

同じように、季節ネタだけ扱っているブログも「ジャンル型トレンドブログ」で、イベントネタだけ扱っているブログも「ジャンル型トレンドブログ」だと思います。

夏のネタ限定になったり、花火大会限定になったりしてくると「特化型」なのではないでしょうか。

もっと言えば、先程の「特定のアイドルグループに所属する芸能人だけ扱ったブログ」は、厳密には特化型ではなくジャンル型ではないでしょうか。

特化型というからには、特定の映画一作品や、特定の人物一人など、これ以上抽象度を下げられないくらいまで下げたものをそう呼ばないと違和感があります。

呼び方まとめ

ブログの呼び方と扱う内容をまとめます。

あくまで個人的に考えたものなので参考程度でお願いします。

  • 「ごちゃ混ぜ型トレンドブログ」=トレンドネタ限定で、芸能も映画もイベントも個人的な日記もすべて扱うブログ。
  • 「ごちゃ混ぜ型ブログ」=トレンドネタもそうでないネタも、芸能も映画もイベントも個人的な日記もすべて扱うブログ。
  • 「ジャンル型トレンドブログ」=トレンドネタ限定で、特定のジャンル(芸能のみ、季節ネタのみ、映画のみ(アクション映画のみでも可)などを扱うブログ。
  • 「ジャンル型ブログ」=トレンドネタも、そうでないネタも扱うジャンル型ブログ。
  • 「作品特化型トレンドブログ」=トレンドになるであろう映画や漫画やアニメなどの作品一作品に特化したブログ。
  • 「人物特化型トレンドブログ」=トレンドな人物一人に特化したブログ
  • 「悩み特化型ブログ」=腰の悩み、足の悩みなど特定の悩みに特化したブログ。
  • 「商標特化型ブログ」=商品に特化したブログ。

ほとんど存在しないと思うので「作品特化型ブログ」と「人物特化型ブログ」は割愛しました。

「悩み特化型ブログ」は「商品特化型ブログ」は通年性であることが多いのでトレンドという言葉はつけませんでした。

特定の季節に出てきやすい悩みや、それによって売れる商品もあると思いますが。

ジャンル型トレンドブログから作ってみる、という旨についてはこちらの記事に分割したので、よければご覧ください。

特化型トレンドブログは難しいのでジャンル型トレンドブログから始めてみます
前の記事で、トレンドアフィリエイトにおける「ごちゃ混ぜ型トレンドブログ」や「特化型トレンドブログ」などの定義の違いについて自分なりに考えました。 記事が長くなりすぎたので、「ジャンル型トレンドブログから始める」という旨についてこの記事に分割しました。 特化型は難し...

まとめ アフィリエイトと抽象度

アフィリエイトを始めた初期の段階から思っていたのですが、アフィリエイトで検索キーワードやブログを扱う時は、まさに「抽象度」という概念を理解するのが大事だと思います。

調べると出てきますが「抽象度」とは「情報の上下関係」のことです。

例えば「映画」という情報から抽象度を下げたところに「アクション映画」という情報があり、さらに下げたところに「ダイ・ハード」など個別の作品という情報があります。

ごちゃ混ぜ型、ジャンル型、特化型というブログの分け方はまさに抽象度の考え方が重要になってくる気がしました。

特化型ブログの記事の構成を計画する時も、おそらく抽象度の概念が必要になってくると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

抽象度に関しては詳しくはこちらの記事にわかりやすく書いてありました。

こんにちは! 栗栖鳥太郎です! 今回は、苫米地英人氏が言うところの「抽象度を上げる」ことについて、私なりに理解したことをざっくばらんに書いてみたいと思います。 かなり抽象的な記事になりますが、読んでいただければ「ああ、こうすればいいのか」ということがよくわかると思います。 抽象度はこうやって上げる 前書き~「抽象度」っ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加