特化型トレンドブログは難しいのでジャンル型トレンドブログから始めてみます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事で、トレンドアフィリエイトにおける「ごちゃ混ぜ型トレンドブログ」や「特化型トレンドブログ」などの定義の違いについて自分なりに考えました。

ごちゃ混ぜ型トレンドブログと特化型トレンドブログの定義の違い
トレンドアフィリエイトを実践するにあたって「ごちゃ混ぜ型ブログ」と「特化型トレンドブログ」というブログの分け方を頻繁に見かけます。 でも実践しているうちに、両者が具体的にどう違うのか、どういう内容なのか、定義がよくわからなくなってきました。 下克上のフォーラムでも「どこまでがごちゃ混ぜで...

記事が長くなりすぎたので、「ジャンル型トレンドブログから始める」という旨についてこの記事に分割しました。

特化型は難しい

今自分は「特化型トレンドブログ」を作ろうとしているわけですが、こうやってブログの種類を定義して、分けて考えてみると、「特化型」は難しい気がします。

よく言われていることですが、ごちゃ混ぜ型はとりあえず思いついたネタを好きなように投入できますが、ジャンル型や特化型は最初にどんな内容を投下するか完全に決めてからやらないといけません。

少しなら書けそうな気がするけど、何十記事も書くのはちょっと、という時は、ごちゃ混ぜ型からやるのがよさそうです。

ごちゃ混ぜ型を更新する中で、ずっと続けていけそうなネタがあったら、ジャンル型を作ってみて、さらに掘り下げたいものを特化型にする、という風に、「抽象度」を徐々に落としていくのがベターなんじゃないでしょうか。

まだジャンル型も形にできたことがないので机上の空論ですが。

作品特化型ブログについて

ところで、上記の中でも特に「作品特化型ブログ」が自分は苦手です。

3ヶ月後公開の映画作品などを扱い、それまでに記事を貯めていくわけですが、それだけ頑張っても映画がヒットしなかったり、ヒットしたとしてもブームがすぐに終わったら、ブログと記事はゴミになってしまうということですよね。

成果が出るのに時間がかかる上に、成果が出ている期間が短いというのはなかなかきついものがあります。

それなら、成果が出ている期間に本当に大量に稼げないと元を取れない感じがします。

人物特化型はネタが入れば常に書けるでしょうし、悩み特化型は通年性であることが多いでしょうから、記事が書けなくなることはないと思います。

季節やイベント特化型も、悩み特化型とほぼ同じで、次々と数カ月後の季節の記事を準備していけばいいので、ずっと更新し続けることができそうです。

とりあえず自分は作品特化型ブログは今後作らないかと思います。

ジャンル型トレンドブログを作ります

記事を書きながらいろいろ考えた結果、自分はまず「ジャンル型トレンドブログ(知識、季節ネタ、イベント、作品系)」を作ることにしました。

色々詰め込みすぎている感じがありますが、季節ネタだけのジャンル型や、イベントネタだけのジャンル型だと、更新が続かなくなる自信があるので、広く扱いたいです。

芸能という大きなジャンルだけを扱ったブログは別にあるので、差別化はできていると思います。

芸能を扱ったブログに知識ネタや季節ネタを投入している人も多くいますが、さすがにユーザビリティや統一性が下がる感じがしました。

ごちゃ混ぜ型トレンドブログが圧倒的に多い

余談ですが、トレンドアフィリエイトでライバルチェックをしていると、ごちゃ混ぜ型トレンドブログがかなり多いです。

トレンドな芸能人を扱いつつ、季節のイベントやお悩み系も扱っていました。

扱うネタは統一されていないものの、色々な記事がアクセスを集めているようで、同じ内容を扱っている特化型ブログより上位表示している例もありました。

自分もそうしてみたい気はしますが、さすがにリスクヘッジしたいのでブログをわけてやろうと思います。

まとめ

とりあえずジャンル型を実践していきながら、掘り下げられそうなものがあったら特化型を作ろうと思います。

特化すればするほど書ける記事を増やすのが難しくなり、アクセスが集まるまでの時間がかかる傾向があると思いますが、ジャンル型であれば、ごちゃまぜ型ほどではないにしろ、トレンドネタもすぐに狙っていけるのでモチベーションが続きやすそうです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加