下克上∞を買いました 感想など

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月暮れに独学でトレンドアフィリエイトを始め、6月の収益はアドセンスなど諸々込みで約6万円を達成でき、今月は15日の時点でアドセンス10万円を突破することができました。

しかし、完全に独学なのでわからない点があまりにも多く、扱えるジャンルも限られていて、記事を書く手も止まってしまったので、今回「下克上∞(以下、下克上)」というトレンドアフィリエイトの王道と呼ばれる情報商材を買ってみました。

考えを整理する目的も含め、思ったことを書いていきます。

自分は情報商材アフィリエイトは現時点ではするつもりはないので、下克上のアフィリリンクはありません。

内容が少し薄かった

下克上には僕がやっているトレンドアフィリエイトのほとんどのノウハウが詰まっていると思っていたのですが、全く違いました。

まず無料ブログ(seesaaブログ)から始めるように書いてあり、独自ドメインやレンタルサーバーの導入についてなどの初歩的な情報が多かったです。

メインコンテンツも、最初のごちゃ混ぜ型の項目はしっかりと具体的な実演がありましたが、特化型に関しては抽象的でした(セミナーの動画では、あえて抽象的にしていると言っていましたが)。

一番気になったのは、芸能系の速報記事についての言及がなかったことです(見落としているだけかもしれませんが)。

芸能系でアクセスを集めるにはやはり速報記事しかないと思うのですが、それを教えている教材はまた別にあるのでしょうか。

しかし下克上で学べる点はあり、ごちゃ混ぜ型はあくまで初歩で、いずれは特化型にステップアップしたほうがいいということなど、モチベーションが上がる内容が多かったです。

下克上∞にアップデートされたことで、トレンド記事からASPなどの物販・成約型に繋げる方法などもざっくりですが解説され、アドセンス以外の収入源に繋げる方法がわかりました。

2017年は独自ドメイン>無料ブログ

下克上ではトレンドブログを無料ブログから始めることを勧めています。

いざ記事を書くモチベがあっても、たしかに初心者には独自ドメイン取得やレンタルサーバーでのデータベース作成、WordPressのインストールなどが難しく、最初で詰まることをさけるためだと思います。

あとは無料ブログはインデックスが遅いから、とも言っていました。

ルレアプラスでも無料ブログ量産を勧めていて、その時も同じことを思いましたが、2017年現在、無料ブログはインデックスが早く、独自ドメインはインデックスが遅い、という情報は古いと思います。

インデックスの早さですが、独自ドメインでもFetch as Googleを使えばすぐに(遅くて30分~1時間)インデックスされるようになりました。

ルレアプラスのショートレンジで無料ブログを量産してみると、Fetch as Googleが使えない(使う方法はあるようですが)無料ブログのほうがインデックスがだいぶ遅いように感じました。

独自ドメインは最初の設定やプラグインの設定が毎回面倒で、量産するには向きませんが、トレンドブログは記事こそ量産するもののブログ自体は量産しないので、自分はやはり独自ドメインで始めるべきだと思います。

独自ドメインのWordPressならSEO系のプラグインや便利なプラグインが使えますし、記事移転時の301リダイレクトなど必須機能がたくさんついています。

下克上を愚直に実践するだけでは稼げないと思う

下克上のメインコンテンツの一番最初「ごちゃ混ぜ型ブログ」の実演を見ていて、これを愚直に実践していたら稼げないと思いました。

タイトルにキーワードが2~3語しか入っていない

具体的な内容はどこまで書いて良いのかわかりませんが、一番気になったのは、ごちゃ混ぜ型ブログの実演で、1記事に2~3語しかキーワードが入っていなかったことです。

例えば「◯◯ かっこいい」という虫眼鏡キーワードがあったら、「◯◯がかっこいい!」という感じでタイトルに2語しか含めず記事を書いていました。

下克上発売当時のトレンドブログ界隈のことはわかりませんが、昨今のトレンドブログをざっと見てみると、短くても「◯◯がかっこいい!プロフィール、経歴は?【画像あり】」くらいキーワードがタイトルに詰められています。

狙っているキーワードをタイトルの左に寄せ、そうでもないキーワードになるにつれて右に寄っていくという感じです。

実際にトレンド記事を書いていてライバルチェックをしていても、下克上のようにタイトルに2~3語しか含めていない記事はほとんど見たことがありません。

そういう記事を書いているブログを数個見つけたのですが、アクセスは全く集まっていない様子でした。

しかし、「◯◯ かっこいい」という2語のキーワードの記事でも1,000文字まで内容を膨らませている点は参考になりました。

タイトルにキーワードをある程度多く含めるのは、キーワードが少ないと文字数を膨らませられないという意味もあると思いますが、少なくても膨らませられる技術は必要だと思いました。

季節ネタやイベントのリサーチ、漫画やドラマネタ

下克上ではごちゃ混ぜ型(主に芸能系)はあくまで初歩で、季節ネタやイベント、漫画やドラマネタの特化型ブログが本命だと言っていました。

自分はごちゃ混ぜ型しか書けないので、季節ネタなどの説明は参考になりました。

下克上でも言っていた通り、芸能系は基本的にキーワードの寿命が短く(例外もあります)、物販や成約型のアフィリエイトにもつなげづらいです。

慣れたら季節ネタやイベントなどの特化型ブログに移行したほうが、寿命も長く、未来予想ができるので速報を追いかける必要もなく、物販にも繋げやすくてよさそうです。

しかし季節ネタはともかくイベントネタはものによっては芸能系よりも寿命が短い可能性があるので注意したいと思います。

常に新しいノウハウを入手する

下克上のメインコンテンツは購入から6時間位で全部見てしまい、今は付属のセミナー動画を見ています。

全体的に役に立ったと思ったのは4割くらいでしたが、検索ボリュームのチェックなど、知っておくべき情報が入手できたので良かったと思います。

自分はトレンドアフィリエイトは、最新の情報を発信している人の記事を参考にしたり、現行のトレンドブログを分析したりして独学でやってきました。

やはりインターネットやGoogleの変化はめまぐるしいので、常に最新の情報やノウハウを参考にしていくべきだと思います。

ルレアプラスもそうですが、疑いを持たず教材を愚直に実践し続けるのは危険ではないでしょうか。

常に変化に対応する力が必要ですね。

ごちゃ混ぜ型(芸能系)も更新さえ続ければ稼げる

くどいようですが、運が良かったこともあり自分はごちゃ混ぜ型トレンドブログ実践1ヶ月半で10万円を達成することができました。

ごちゃ混ぜ型でも当たる記事さえ書ければ、ある程度の人は2~3ヶ月で10万達成は難しくないと思います。

更新を続けた分だけ記事も溜まっていくので、さらに当たる記事を書き続ければ数ヶ月後に20~40万はいけると思います。

ただ、やはりごちゃ混ぜ型は記事を更新し続けないとアクセスや収益の底は低く、労働集約的な面があり、完全放置していると不安になります。

なので、ごちゃ混ぜ型に当たる記事をできるだけピンポイントで投入しつつ、特化型に着手していくのがよさそうです。

まとめ

下克上では、トレンドアフィリエイト教材の元祖はどんなものか、トレンドアフィリエイトの基礎的な手法はどんなものか、ということも学べました。

独学でやってきた分と含めて、ごちゃ混ぜ型はある程度マスターできた気がするので、早いところ特化型や物販もやっていきたいです。

下克上よりさらに特化型を掘り下げた「PRIDE」という教材もあるようなので、特化型を独学でやってみて行き詰まったら買おうと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ツイート

“下克上∞購入しました!”

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加